てるてる鍼灸接骨院 痛み止め・マッサージ・整体もどきではなく根本的に体を変えてていきたい本物の健康を求めるあなたに 〒569-1124 大阪府高槻市南芥川4-26 TEL : 072-669-8777

HOME / てるてる鍼灸接骨院の健康ブログ一覧 / ブログ個別ページ

てるてる鍼灸接骨院の健康ブログ

【変形性股関節症の治療】股関節の痛み・違和感が気になるあなたへ (2018年03月15日 木 21:02)

【変形性股関節症の治療】

股関節の痛み・違和感が気になるあなたへ

     

左足の股関節が痛くて

びっこを引きながら

来院されたSさん(30代 女性)

整形外科でレントゲン撮影の結果

変形性股関節症と診断をうけました。

           

変形性股関節症の主な症状は

関節の痛み動きの制限です。

 

最初は立ち上がりや歩き始めに

脚の付け根に痛みを感じます。

 

 

症状が進行すると、その痛みが強くなり、

場合によっては

持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に

悩まされることになります。

 

一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、

靴下が履きにくくなったり、

和式トイレ使用や正座が困難になります。

また長い時間立ったり歩いたりすることが

つらくなるので、

台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。

 

階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

 

日本整形外科学会HPより

 

Sさんは

生まれつき股関節のはまりが

浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)だと

いうことは昔から分かっていました。

 

なので中学生くらいから

すでに股関節に違和感や

痛みはあったそうです。

でも生活に大きな支障はないので

そのまま放置。

       

昨年妊娠をきっかけに

体重が増加。

第一子を出産されて

今の痛みまで悪化してきて

しまったそうです。

 

それでも本人は育児に追われてたので

我慢しつづけていたある日

 

ご主人に

 

「そんなに足ひきずるのはおかしい」

「一回病院で見てもらったほうがいいのでは」

といわれて

 

はじめて整形外科にいくことに。

 

結果

 

「手術」も選択肢の一つにしてもいいくらいの

状態だと説明されました。

 

Sさんは

 

「手術はいやだ!」

 

整形外科の先生も

 

確かにSさんがまだ30代という

年齢を考えると

できることなら

リハビリでなんとかしていきたいね

 

となったそうです。

 

そこで変形性股関節症は

 

体重を減らして股関節への

負担を減らすことが大切、

といわれ

 

関節に負担をかけずに

運動ができる

水中ウォーキングを

はじめました。

しかし整形外科では

具体的にどれくらいの

頻度でどうやればいいのか

までの指示はなく

 

Sさんは自分の

考えだけでがむしゃらに

頑張られました。

   

典型的なパターンですが

こういう場合い

 

とにかくがんばれば!

動けばよくなる!

 

と焦って

無茶苦茶な運動をしてしまいがちです。

 

Sさんの場合は

水中ウォーキングを

一日にまるまる一時間以上

 

これを週2ペースでやってしまいました。

 

これはやり過ぎです。

 

 

すでに股関節に

痛みが出ているSさんの

場合い

 

痛みを取る「治療」も

同時に行っていかなければ

 

運動だけやればなんとかなる

段階はもう過ぎてしまっていました。

   

結局思うような

改善が見られず

 

治療と運動が同時に受けられる

当院へ。

 

今一つずつ

段階を踏んで

   

手術をしないですむように

治療と運動をスタート

した所です。

 

 

Sさはおっしゃいます。

 

「20代の頃から股関節に

違和感はずっと

あったけど

 

何にも気を付けて

なかったなぁ。

 

冬は「痛いなぁ」とか思いながら

ボードとか

めっちゃやってました。

 

昔から気を付けていればココ

まで追い込まれることはなかった・・」

     

人は

困らなければ

行動できない生き物です。

 

若いうちは

なおさらです。

 

楽しいことが優先で

体の事を大切にしようなんて

思うこともありません。

 

しかし!!

なってしまった状況は

仕方ありません。

 

これからは

 

いかに股関節の

骨の変形をすすめないようにするか

が勝負です。

 

関節の負担を減らして

今より悪化させないことが

重要です。

   

一度変形してしまった骨は

もとには戻りません。

       

Sさんには今

2つの選択肢が与えられています。

 

1つは「手術」

 

今は医療の発達により

変形したり壊れてしまった部分を

 

手術で人口的な物に

入れ替えることが

可能です。

   

でもやっぱり

 

あなたの生まれもった

オリジナルパーツに

勝てる物はありません。

   

人工的なものより

オリジナルが一番ですよね。

 

じゃあどうすればいいのか?

   

そのカギを握るのが筋肉です。

 

そこで2つ目の選択肢

 

「筋肉強化(リハビリ)」です。

 

筋肉だけは

90歳になっても

やり方次第では

まだまだ強くなるパーツです。

 

これを使わない手はありません。

変形した骨のまわりを 筋肉で補助してあげるのです。  

そうすることで

骨の変形がすすんでいくのに

ブレーキをかけることができます。

 

あなたのオリジナルパーツを

今より悪くしないよう

大切に手入れしながら

使っていくかが

 

今後の人生を

長く元気に

過ごせるかを

左右します。

だから

 

手術という選択肢を

選びたくないのであれば

 

「筋肉強化」

 

今のところこれしかありません。

 

でもこの方法にも

タイムリミットはあります。

 

骨の変形度合いが

どこまですすんでいるか。

 

その状況によっては

手術以外の選択肢はなくなります。

   

手術して人工関節にしたら

全部丸く収まるんじゃないの?

 

なんて思ったりしてませんよね?

 

人の体はメスを入れると

必ず弱くなります。

 

そして人工関節はあくまで

人工です。

 

人の手が作ったものなので

劣化していきます。

 

だから10年〜15年もたてば

また再手術で交換です。

その度にあなたの体に

メスをいれることになります。

 

そもそも人工関節にしたって

 

手術後は

やっぱりリハビリして

筋肉はつけなければいけません。

 

結局筋トレはしないといけないんです。

 

それだったら

 

オリジナルのあなたのパーツを

大事にして

 

生活していきたいと思いませんか?

Sさんはおっしゃいます。

 

今までのやる気とは

わけが違う。

もうあとがないですから。苦笑

 

Sさんは

頑張っています。

 

 

もしあなたが股関節に違和感や

痛みがあるなら

 

あなたはいつから行動を

起こしますか?

 

遅かれ早かれそのままでは

「手術」の方向へ

向かっているかもしれません。

 

Sさんは同じ悩みを持つ方に

 

「とにかく早いうちから

気を付けておくことを

おすすめします!」

 

といってくれています。

 

股関節の痛み、違和感を

何とかしたい!

けど、

どうしていいかわからない💦

 

それなら

 

ぜひ当院へお越しください。

ホーム

 

まずはご予約のお電話

お待ちしています。

 

治療と運動で痛み・不調を解決

<予約優先>

☎072-669-8777

#てるてる鍼灸接骨院

#高槻の整骨院・接骨院

#股関節に痛み、違和感

#変形性股関節症

#臼蓋形成不全

#骨の変形

#リハビリ

#筋肉強化

#妊娠による体重増加

#水中ウォーキング

#整形外科でレントゲン撮影

#手術がいやだ

#人工関節

#びっこをひく

#股関節がゴリゴリなる

#あぐらがかけない

てるてる鍼灸接骨院 ひざの痛み 肩こり・頭痛 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症など 長い間お困りのあなたへ 〒569-1124 大阪府高槻市南芥川4-26 TEL : 072-669-8777
072-669-8777ご予約・お問合せはこちらから ご予約 お問合せ
スマートフォンサイトはこちらから Evernote はてなブックマーク Facebook Twitter Google+ Youtube
Copyright © TeruTeru Acupuncture moxibustion medical office. All Rights Reserved.

ページ上部へ